特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

工事をおこなう占用事業者は、工事看板の設置に関する法律を守る必要があります。国道で占用工事をおこなう場合にも、正しい看板の設置が必要です。路上工事看板と一緒に使用しなければいけないのは、工事情報看板と工事説明看板です。工事情報看板は、工事を開始する日の1週間前から設置しなければいけない看板です。工事を開始する時まで、工事情報看板を設置し続けます。工事が開始された時からは、設置されていた工事情報看板を工事説明看板に変更します。工事情報看板は工事を開始した時から、工事を終了する時まで設置する看板です。これらの看板を設置する場所は、工事をする予定がある現場です。工事現場の近くに住んでいる住人や、工事現場の近くを通る通行者に工事情報を提供するために使われている看板です。工事看板を設置する占用事業者は、工事看板を設置するにあたり注意しなければいけないこともあります。古い法令の基準に従った工事看板を、新しい工事看板と一緒に使わないようにすることも必要です。以前に使用されていた工事標示板も、新しい基準に従って作られた看板と内容が同じであるため、設置をしなくても良いことになりました。歩行者に見てもらう設置する看板の設置方法にも注意が必要です。これらの看板は歩行者のみを対象にしているため、車を運転しているドライバーからは看板の内容が見えないように設置する必要があります。この場合でも、建築限界を守って設置しなければいけないことが規定されています。占用工事において、内照式の標示板を設置する時にも注意が必要になります。このタイプの標示板を設置する時には、施工をしている工事が占用工事であるということを、道路を利用している人にはっきりとわかるように標示することが必要です。電気工事や電話工事など、占用工事であることが具体的にわかる標示が適切です。工事の主体や目的をこうした看板によって説明することは、工事をする人の義務です。
【関連情報:工事看板